記事の詳細

少々お聞き苦しい話になりますが…
過日、飲んで帰って寝ようとするも、どうも胃の調子がおかしく寝付けませんでした。
「飲みすぎたかぁ、疲れてたしなぁ」 などと考えていましたが、それどころではない衝動が襲ってきて、即トイレへ。
次の日から、上から下からの大騒ぎがしばらく続きました。
今思えば、風邪などではなくウイルス系の胃腸炎だったのでは…と思っても遅いんですけどね。

定期的に報道されてしまうノロウイルス感染の被害。
患者第一ではありますが、食品を扱う業種では、風評被害などを含めて死活問題ですね。
改めてノロウイルスの基礎知識を整理してみましょう。

ノロウイルスは、
・原因別の食中毒患者数では第1位
・ノロウイルス食中毒の発生時期別の件数では冬期が多い
・食中毒1件あたりの患者数が多く大規模な食中毒になりやすい
誠に厄介なものなんですね。

ノロウイルスによる食中毒予防のポイントですが、
・調理する人の健康管理
・作業前の手洗い
・調理器具の消毒
が重要となります。

食品を扱う業種では当然のことだろうと思いますが、引き続きご用心を。

【参考】厚生労働省 リーフレット「冬は特にご注意! ノロウイルスによる食中毒」
http://www.lcgjapan.com/pdf/lb09048.pdf
【参考】社団法人日本食品衛生協会 リーフレット「手洗いの手順」(ノロウイルス対策)
http://www.lcgjapan.com/pdf/lb09049.pdf

クリックしていただけると喜びます!

ブログではお伝えしていない情報も提供しています!

メルマガ購読・解除
 


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



クリックしていただけると喜びます!

ブログではお伝えしていない情報も提供しています!
メルマガ購読・解除

読者購読規約
 
ページ上部へ戻る