記事の詳細

新たに創設された日本再生人材育成支援事業のひとつ、被災地復興建設労働者育成支援奨励金をご紹介します。

【内容】
被災地の復興に必要な建設人材を育成するため、建設技術・技能の取得に資する訓練を労働者に受講させた場合に、事業主が負担した①②の経費について助成されます
① 職業訓練(Off-JT)を行った場合に、訓練に要した経費
② 職業訓練(Off-JT)受講に際し事業主が負担した宿泊費
【支給額】
① 事業主が負担した訓練費用を、1訓練コースにつき、対象労働者1人当たり20万円を上限として支給されます
② 事業主が負担した宿泊費の3分の2(注)が支給されます
(注)対象労働者1人当たり1泊5,800円(一部地域は5,200円)かつ年間10万円を上限
※1年度1事業所当たりの支給限度額は500万円です
※被災地復興建設労働者育成支援助成金には、賃金助成はありませんが、他の賃金助成との併給が可能です
【対象事業主】
被災3県(岩手県、宮城県、福島県)に所在する事業所で対象労働者を雇用する建設事業主

詳しくは、以下の資料からご確認ください。

【参考】厚生労働省 「被災地復興建設労働者育成支援奨励金」
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/ikusei/dl/05-pamph.pdf

クリックしていただけると喜びます!

ブログではお伝えしていない情報も提供しています!

メルマガ購読・解除
 


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



クリックしていただけると喜びます!

ブログではお伝えしていない情報も提供しています!
メルマガ購読・解除

読者購読規約
 
ページ上部へ戻る